健康管理では、今までの習慣が、適切な健康管理の障害になることがあります。

自分に合う健康になるための方法を探す
サイト内検索(by Google)


PAGE LIST
自分に合う健康になるための方法を探す

健康管理と習慣の確認と改善

健康管理では、今までの習慣が、適切な健康管理の障害になることがあります。例えば子供の頃からの生活習慣が、その後の習慣いなってしまうということで、健康管理に不向きな習慣を続けてしまうということもあります。例えば食べ物でも、親と生活していた時の習慣がそのまま大人になっても、独立しても引き継がれたりします。以前ある家庭で、食事の時に必ず炭酸飲料を飲むという習慣の家庭があり、そこの子供はそれが当たり前で、他の家庭でも同じだと考えていました。

そうなるとその子供が独立しても、その習慣を続ける可能性が高くなります。それが健康に悪い習慣の場合には、何代にもわたり続くということもありえます。それがその家系の病気の原因だったりします。そのように習慣ひとつとっても、そのことをよく理解していないと、意外な不健康の伏兵がいたということにもなりかねません。そのようなこともよく調べておきます。

また逆にそのような習慣があったから、健康が維持されたということもありえます。家系的に、あるいは食事の好み的に、必要な栄養素を他から取り込んでいたということで、ある習慣が生まれたということも考えられます。単にストレスの解消がしやすかっただけかもしれませんが、それを取り除いてもかえって悪い結果になる可能性もあるので、注意が必要になります。

ピックアップ

Copyright (C)2017自分に合う健康になるための方法を探す.All rights reserved.